本当にあったリアルな怖い話・恐怖の事件 ~現代の怪談~

なんだかんだで生きている人間が一番怖い・現代の怪談ともいえる本当にあった怖い話や恐怖の未解決事件です。

本当にあった怖い話

捜査放置でひき逃げの時効を待つ犯人警察の影に絶えず怯える生活

数年間勤めていた防水工事会社を辞め、俺が独立したのは今から7年前のときだ。独立、といえば聞こえはいいが、従業員わずか2名。資金不足を理由に、事務所、資材置き場、現場用の車などは、知り合いの工務店のモノを共有させてもらっていた。 個人商店に毛…

近隣住民との些細な騒音卜ラブルが殺人事件に

『引つ越〜し引つ越〜しさつさと引っ越〜しシバクぞ!』向かいの住人に対し、24時間大音量のCDラジカセを流すなど、長年にわたり嫌がらせを続けていた奈良県の主婦が先月傷害罪容疑で逮捕された。その強烈な姿はテレビのワイドショーなどでもご覧になった方…

老人ホームの介護士による怖すぎる虐待これはもう殺人事件だ

※この話はフィクションです 「鬼畜保母の幼児虐待レポート」を読み、つい無数の出来事が頭をよぎった。 虐待。僕も同じようなことをし ていたものだ。 殴る、蹴る、熱湯をかける。相手を容赦なくイジメたときに訪れる万能感は、 クセになりそうなほどの魅力…

心霊スポットを撮影しビデオ販売で一儲けを企んだら

心霊ビデオ販売で一儲けを企んだオレは、カメラマンA、音声B、ディレクターcの3人を集め、北区の墓池や嵐山電鉄の踏切など、京都の強烈スポットに出向いた。各所で奇怪な音声や影の収録に成功したオレたちは、より過激なシーンを求めて東山トンネルへ出…

刑期を満了しても刑務所に戻るためにわざと事件を起こすリピーターは多い

70%の人間が6回以上 驚くなかれ、これは府中刑務所が調べた60才以上の受刑者たちの服役回数である。 同刑務所によれば、彼らの多くが病気や身元引き受け人不在で、刑期を満了しても刑務所に戻るためにわざと事件を起こす、いわゆるリピーターになるケ…

ヤクザの暴力団組長の娘と結婚の玉の輿のハッピーと緊張の恐怖

金持ちの娘を嫁にもらうことを〃逆タマ〃という。オレはそれに乗った幸運な男だ。東海地方の某中堅都市に豪邸を構える妻の父親は、少なく見積もっても10数億の資産持ちだ。 いつも運転手付きベンツで我が家にやってきては、数十万の小遣いを置いていく。 「…

霊感師のフリして高額商品を売りつける霊感商法

「何も話さなくても結構です。この水晶を見てごらんなさい。…なんか、ご家庭がガタガタしてるようですね。お子さんが悪い遊びをなさってる。あなたが一生懸命に家庭のことを考えて悩んでるのにご主人は知らんぷり。辛いお立場で」 家を訪ねてくる。氏の副業…

田舎には裏DVDをレンタルするような危険なマンガ喫茶があった

マンガ喫茶と言えば、大部屋で大勢の客が黙々とマン力 を読む光景を想像しがちだ が、ボクの住む田舎町には、 個室がある。 車でしか行けない辺な場所 客寄せのためにそんた営業形能取っているのだろう。 利用できる20ほどの個室は、 マンガの他にも、ビデオ…

鉄道員にもっともイヤなトラブルは人身事故飛び込み自殺の瞬間

鉄道員にとってもっともイヤなトラブル。それは他でもなく人身事故、つまり飛び込み自殺である。 圧倒的に多いのは、12月後半。 おそらく、金がなくて年が越せない人が増えるせいだろう 駅員時代にはマグ口(我々は遺体をこう呼ぶ)に5度ほど遭遇したことが…

パラノイアが犬猫を殺すサイコパス心理

「オレは小学生のときからグレ始めたんだけど、悪いコトはクロダってダチに教えてもちったんだ。 ソイツが本当にキテるヤツでさ。 ナイフや斧で犬猫の首を平気で切り落としちゃったりするんだよ。 快楽殺人? いわれてみれば、 ヤツは自分の楽しみのために殺…

女房と子供を残して海外逃亡

ブランド品の輪人と株の投資で当てたオレ 家族を残して毎夜、銀座のクラブだの古原の高級ソープをハシゴする中恐いモノといえば女房のかんしゃくくらいだ しかし、儲かれぱ儲かるほど、 組のアニキの溝は深まるばかりだった。 そんなある日、アニキがやっか…

暴利スナック・ぼったくりバーのバイトが見た危険なキャバクラの現実

思い返したくもないが、語らずにはいれらない…。 今は四六時中好きなクルマと接し、幸せな日々を送っている僕にも、そんな話がひとつだけある。 ちょうど3年前の冬、2カ月間だけ働いていたアノ店のことだ。当時、僕は食うや食わずの日々を送っていた。自然…

法律に抵触する商品取り引きにサギは多いがアングラ商品でも本当に手に入る場合も

世の中にはどんな大きなデパー卜やコンビニでも入手できない商品が存在する。覚醒剤や拳銃、架空名義の電話や偽造パスポートなど、法的に問題があり、なおかつ犯罪に用いられることの多い物品だ。商店の陳列棚には決して並ばないこれら商品は、いわゆるアン…

ママ友イジメに用いられるカルト宗教団体への資料請求

日本には大小合わせて18万以上もの宗教法人が存在するという。 中には狂信的で極端な信仰を持つ、いわゆるカルトと呼ばれるような団体もある。そんなカルト系宗教を使った嫌がらせが、主婦の間で流行っている。 嫌がらせに必要なのは復讐したい相手の住所と…

ウミガメとサメの死体が漂流する海岸

友人が女と海岸を歩いていたときにすごい光景を見たというので、オレも野次馬根性まるだしで現場に行ってみた。原発に隣接した海岸だ。歩きはじめてすぐに、大きなゴミ袋のようなものが見えた。ゴミ袋にしてはゴツゴツしているし…砂で汚れたウミガメの死体だ…

素人に女性器の写真を送らせるために考えた手口

バイト先で性感染症が流行っているとして本部の人間を装い素人に乳首や女性器の写真を送らせた男がいた。もちろん準強制わいせつ罪で逮捕されたわけだがその悪質な手口とはどのようなものだったのだろうか。 聞きなれた電子音が鳴った。メールが届いたことを…

ヤクザだらけの銭湯にビビりながら入浴する

某県にヤクザだらけの銭湯があると聞き、行ってみることにした。なんでも、銭湯の近くに某組本部があり、夕方になると若い衆がぞろぞろと汗を流しにくるそうだ。ああいう人たちって意外と優しかったりするし仲良くなってくるか。 銭湯に着いたのが夕方5時ち…

バイクを盗まれ追い込むつもりがケツ持ちのヤクザが出てきた

「ココセコム」このサービスは自分の車やバイクが盗まれたとき、あらかじめ発信機を取りつけておけば、その電波を探知盗難車の現在位置が確認できるというもの。新しモノ好きのオレはその機能説明を聞いただけで俄然興味をソソられた。だって、まるでスパイ…

香港の見せ物小屋で恐怖の首女を見た

香港出張のついでに有給休暇を取り、取引先の陳さんに現地ガイドを頼んだのは今年4月のこと。 「女とか酒はもういいからさ、香港ならではの場所ってないかな」 九龍城が壊され、治安がよくなったとはいえ香港が世界一胡散臭い街であることに変わりはない。ど…

酒に酔って暴行・強烈な後悔が襲ってきた初の留置所生活

オレは悪くない。正当防衛だー去年の暮れのある日曜日。前夜からオレのアパートに泊まった悪友と、昼過ぎ近くにパスタ屋へ出かけた。それほど強くもないくせに昼酒はうまいとワインをやり、2時間ほどで2本が空になった。店を出たのが午後3時すでに泥酔状態だ…

神社でワラ人形の願掛けを目撃して殺されかけた話

いきなりの質問だが、みなさんは人に殺されかけた経験をお持ちだろうか。誌上ではお馴染みの、刺した刺された撃った撃たれたなんて出来事は、あくまでソノ筋の人たちの話。自分には関係ない世界とお思いなのでは?俺も昨年の秋まではそうだった。平々凡々と…

当たり屋で儲ける組織

だらしない性格が災いし、現在400万もの借金に苦しめられている私。会社も昨年暮れに解雇され、もはや自己破産しか道はないと頭を抱えていた今年3月、あのヤフー掲示板で奇妙な書き込みを見つけた。「お金、仕事の無い方募集。確実に稼げます。茶髪不可…

銀行強盗をやった犯人が犯行時の心境を懺悔告白

毎年決まって新聞紙面を賑わす事件がある 金融機関を狙った強盗だ。いわゆる〈防犯カメラに映った犯人の姿〉は、もはゃ茶の間のお馴染みといってもいいだろう。銀行に押し入り、銃や刃物で行員や客を脅し、金を奪う。大それた犯罪である。 世間一般の常識か…

元の消防団員が連続放火犯になった理由

教師が痴漢したり、果では看護士が殺したり。世のモラルが退廃しているなんて、言うまでもない。 捕まった連続放火犯は、なんと地元の消防団員だった。周辺で75もの放火とみられる火災が発生した町、Tはそのうち約50件の犯行を認めているという。まさにマッ…

覚せい剤で捕まったら違法風俗もバレた話

オレが、都内でも有数のホテトルエリアに事務所を構えるデートクラブで働き始めたのは11月初旬のことだ。フラフラとその日暮らしを送るうち借金ができた。ここらでマジメに働こう。ホテトルならオレにも勤まるはず。田舎にいる時分、地元の業者で働いた経験…

死亡のことなど考えないより強い刺激を求めて、暴力に辿り着くオヤジ狩り

「3番目に通ったオヤジをボコボコにしねえ?」そもそもウチらは地元じゃ一番有名なチームなんすよ。 メンバーはラクショーで100人超えてっかな。ま、悪い遊びにはほとんど手を出してる。クスリ、女、ケンカ・・いちいち挙げていくと切りがないぐらいでさ。 …