本当にあったリアルな怖い話・恐怖の事件 ~現代の怪談~

なんだかんだで生きている人間が一番怖い・現代の怪談ともいえる本当にあった怖い話や恐怖の未解決事件です。

オレオレ詐欺グループの仲間割れ命がけで引き出したお金を持ち逃げする出し子

インターネットで裏バイト専門のアングラサイトを眺めていたところ、一つの求人広告が目に飛び込んできた。〈バイト募集。1日1〜3万円〉内容は一切書かれてないが、怪しい仕事であることは間違いない。あとはリスクとギャラとの兼ね合いだ。さっそく、メ…

万引きに売り上げの偽装手クセの悪い男

人には誰でも一つや二つ、悪癖というものがある。酒グセ、女グセ、虚言癖。俺の場合は「手クセ」だ。窃盗がリッパな犯罪だとは百も承知だが、バクらずにいれないこの性分。盗みのない人生など、とても考えられない。モノ心ついたころから、手クセの悪いガキ…

新婚早々不倫していた嫁それを許した夫しかし首吊り自殺した妻その理由は?

今から5年前、私の妻は28才の若さでこの世を去りました。 首吊り自殺でした。 原因はいったい何だったのでしょ 夫である私でさえ、今もその謎は解けて いません。 なぜ死ぬ必要があったのか、 なぜ私を一人きりにしなけれぱならなかったのか。あれほどまで愛…

長男は障害を抱えて生まれ義父と義母が生まれたのは、私の血筋が悪いからだとせめてくる

ロビーで雑談していたマニア氏が向かったのは、地味な窃盗事件の法廷。夏枯れで裁判数が少ない上、ロクなのが見あたらず、時間つぶしの傍聴である。ぼくもくっついて入廷したのだが、この気楽さがよかった。何の期待もしないまま裁判を見るうちに、どんどん…

捜査放置でひき逃げの時効を待つ犯人警察の影に絶えず怯える生活

数年間勤めていた防水工事会社を辞め、俺が独立したのは今から7年前のときだ。独立、といえば聞こえはいいが、従業員わずか2名。資金不足を理由に、事務所、資材置き場、現場用の車などは、知り合いの工務店のモノを共有させてもらっていた。 個人商店に毛…

昼間からシャブを食ってはダラダラ覚醒剤密売グループのマンションに住む

当時、鳶職人をしていたオレは、独身で彼女もおらず、月に三度のへルス通いを何よりの楽しみとす る、ごくごく平凡な男だった。 ミキコは、よく行く店に新人として入ってきた女である。男好きのするルックスで、気立ても上々。 聞けば、まだ18才の若さだとい…

近隣住民との些細な騒音卜ラブルが殺人事件に

『引つ越〜し引つ越〜しさつさと引っ越〜しシバクぞ!』向かいの住人に対し、24時間大音量のCDラジカセを流すなど、長年にわたり嫌がらせを続けていた奈良県の主婦が先月傷害罪容疑で逮捕された。その強烈な姿はテレビのワイドショーなどでもご覧になった方…